室蘭社協からの情報発信


by muroranshakyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

平成30年度 はつらつ福祉ボランティア講座
9日目は、視覚障がい者ガイドヘルパー体験講座

講師は、室蘭市視力障害者ガイドヘルパーの会 
会長の小林 與志美さん、山本 ツル子さん、住友 千鶴子さんです125.png

視力障がいを持つ方への声掛けの仕方、腕を貸して歩くサポートの方法を学びました124.png

二人一組になり、アイマスクをつけて歩いてみました!
サポートする方も、支えるだけではなく、段差があるなど
不安を取り除くための声掛けが重要です106.png

参加いただいた方からは、
「目が見えないと、こんなに不安なんだと驚きました」
「今、目で見て感じられることの幸せが分かりました」などの声があがっていました。
f0227765_12092914.jpg



















続いて10日目は障がいがあっても使えるパソコン体験

講師は、
パソコンボランティアプラザ室蘭
西野 美樹子さん、榎本 吉幸さん、榎本 あつ子さん、工藤 惠美子さん、吉田 眞記子さん、小原 美咲さんです111.png

パソコンボランティアプラザでは、
障がいのある方・高齢の方などのため、講演会などの内容を分かりやすく訳してスクリーン等に文字で表す要約筆記や、パソコンの活用方法を教えるオープンサポートなどを行っています。

普段使っているパソコンにも、あらゆる人が使いやすいよう工夫された
「アクセシビリティ」という機能がついています!
文字を大きくしたり、打ち間違いを防ぐなどの機能を学びました。
f0227765_12092976.jpg


















いよいよ最終日、11日目は
布本体験講座!

講師は、
室蘭ふきのとう文庫
細野 幸子さん、金丸 悦子さん、土屋 久美子さん、和田 睦美さん、
鈴木 悦子さん、伊勢崎 タカ子さん、村上 加津子さん、半沢 恵美子さんです。


布本とは…
手で触れながら遊べる、楽しい仕掛けがいっぱいの布製の絵本です!
心身に障がいのある方や子どもたちの指先・思考訓練に効果的と言われています。

ふきのとう文庫では、これらの布本を手作りし、無償で貸出しをしています101.png
この日はフェルトでロールケーキのマスコットを作りました。
また、布製の玩具もたくさん展示されました!

f0227765_09090643.jpg


















これで、今年のボランティア講座も終了しました。
講座を通して、ボランティアを始めるきっかけや、仲間づくり、
新しい発見など、ボランティアの輪が広がってくれた方
がいれば、
とても嬉しく思います110.png

受講者のみなさん、
ボランティアで協力してくれた講師のみなさん、
講座のお手伝いを引き受けてくれた室蘭市ボランティア・アドバイザーの会のみなさん、
大変お疲れさまでした、どうもありがとうございました102.png


(かめ子)



[PR]
by muroran-shakyo | 2018-08-14 08:44 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、5日目は手話体験講座
講師は、ろうあ者生活相談員の宮武 美登里さん、
手話通訳者の須田 暁子さん、手話通訳者協力員の伊藤 のり子さん
です!

この日は、基本的な手話を使って自分の名前、住んでいる街を表したり、
自己紹介などを行いました。
また手話は、ジェスチャーを用いたもの、ローマ字がもとになっているものなど
さまざまな由来があることが分かりました111.png

f0227765_12534184.jpg























つづいて6日目は、災害時高齢者生活支援体験講座
講師は、伊達赤十字病院 看護師 那須 睦子さんです!

災害時、避難所などで用いる適切なケア方法を学び、体の不調を効果的に予防するための方法を学びます。

わずかなお湯でできるホットタオルや、風呂敷を結ぶだけの即席リュックの作り方などについて学びました!

↓タオルケットを着物のように羽織っています!
ただ巻くだけではなく、衣服の様に手も自由に使えます110.png
f0227765_12535153.jpg






















7日目は傾聴体験講座です!

講師は、
室蘭傾聴ボランティアの会
小林 與志美さん、田仁 芳夫さん、東峰 圭子さん、下沢 昌一さんです111.png

傾聴(けいちょう)とは…
相手の方の話を受け止めながら聴くことを指します。
福祉施設等で施設利用者の方の傾聴ボランティアを行っています。

会長の小林さんは、相手の話す事を否定したり、被せて話さないなど
相手に寄り添い、共感し、態度で示すことの重要性をお話ししていました112.png


f0227765_12535097.jpg



















ボランティア講座、まだまだ受講者募集中!!
皆さんの参加をお待ちしています110.png

↓今後の予定はこちら★
f0227765_09402156.jpg
































(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2018-08-08 13:17 | ボランティア

4日目は施設バス見学162.png
朝から出発し、福祉施設などの見学をしました!


最初は室蘭市子育て世代包括支援センター!
今年開設した、子育てに関わる相談・交流・遊び・情報などを提供する総合支援窓口です174.png

遊び場は広くて明るく、おもちゃもたくさん!
「こんなに多くの子育て支援があるんだね」
「私たちが子育てしていた頃も、こういう場があれば良かったね」などの声が上がっていました。
f0227765_13510147.jpg


















お次は活動支援施設あけぼの!
ここでは、障がいのある方によるパンの製造・販売や
企業からの委託業務、就労サービス、生活介護などを行っています。

また、お昼は手作りパンやソフトクリームを購入し、美味しくいただきました179.png
「新しくなったし、明るくて綺麗だね」
「中でコーヒーも飲めるし、また利用したい」などの声がありました111.png

↓入浴サービスに使う特殊浴槽を見せていただきました!
f0227765_13510197.jpg



















最後は登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山!

廃校舎を利用した自然体験型学習施設で、
川遊び、雪遊び、ワークショップなどのほか、自炊や宿泊も楽しめます!

ボランティアの方が作った、ログハウスや看板、田んぼなどがありました106.png
↓川の水で動く、手作りの水車です。
f0227765_16042458.jpg






















「初めて来たが楽しかった、今度は家族も連れていきたい」
「市民の力でここまで出来ることに感銘を受けた、室蘭でも参加を募ってほしい」
などの声が寄せられました。
暑い中、ありがとうございました~!!
f0227765_13510132.jpg



















ボランティア講座、まだまだ受講者募集中!!
皆さんの参加をお待ちしています110.png

↓今後の予定はこちら★
f0227765_09402156.jpg






























(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2018-08-03 16:35 | ボランティア
平成30年度 はつらつ福祉ボランティア講座 開講中169.png
楽しみながら体験できる入門講座です102.png

2日目は、点訳体験講座111.png

講師は室蘭市点訳赤十字奉仕団 對馬 克子さん、立山 恵美子さん、斎藤 千賀子さん、竹下 千賀子さんです。
点訳とは、本や広報誌などを点字に直すことをいいます。

点字の成り立ちやしくみを学び、実際に点字器を用いて、点字を打ってみました110.png
点字では、墨字(書かれてある字)と異なる様々なルールがあります。

例えば、数字を入れる時は先に数符(すうふ)を付けることで
「ここから数字」と示す必要があります。


f0227765_13510170.jpg





















3日目は朗読体験講座110.png

朗読とは、視力障がいの方のために、本や広報誌を読み上げテープなどに吹き込むことです。
講師は、室蘭朗読奉仕者の会 中森 芳江さん、西田 治子さん、東峰 圭子さん、杉山 純子さん、荒井 光子さんです。

「朗読」では、抑揚・強弱、会話の時は間を開けるなど、聞く方が伝わりやすくする工夫が重要です。
この日は、声の出し方についても学びました。
学ぶ前と比べてハッキリと聞きやすくなり、
「参考になった」「読み聞かせボランティアに生かしたい」などの感想も寄せられました。
f0227765_14251747.jpg



















(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2018-08-02 15:14 | ボランティア