室蘭社協からの情報発信


by muroranshakyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ボランティア( 112 )

2月7日(土)
損害保険ジャパン日本興亜南北海道支店室蘭支社、
自動車整備工場組織”AIRオートクラブ室蘭エリア”、
損保ジャパン日本興亜代理店組織”J-SA中核会室蘭分会”
上記3団体のみなさんが、室蘭社協の車いすの整備・清掃を行ってくれました。
この日は、貸出中の62台を除く、35台の車いすを整備・清掃していただきました。

室蘭社協では、ケガや旅行など一時的に車いすが必要になった市民の方に、
無料で貸出しています。
そんな日々いろんな方を助けている車いすを、
毎年この時期、損保ジャパン日本興亜のみなさんたちが、整備・清掃してくれます。
f0227765_12575649.jpg

一台一台丁寧に整備・清掃をしていただき、どの車いすも見違えるほどきれいになりました。
f0227765_12580530.jpg

仕上はこのステッカーです。これでまた安心して貸出しができます。
f0227765_12581305.jpg

最後に参加いただいたボランティアのみなさんです。
本当にありがとうございました。
f0227765_12582046.jpg
K-38

[PR]
by muroran-shakyo | 2015-02-10 12:28 | ボランティア
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

今年はじめの記事は「雪かき」についてです001.gif
今シーズンも雪かきレンジャーの皆さんが市内でボランティア活動をしております。
現在の登録状況ですが・・・
・雪かきレンジャー 249名
・お困りさん 139名

人数が足りているようにみえますが、グループで活動している方もいますので
実際には人数は不足しています。
現在もボランティアを募集しておりますのでご連絡お待ちしております。(TEL:83-5031)
特に蘭東から蘭北方面のレンジャーが足りないです!!



雪かきレンジャーの皆さんにご案内です↓↓↓
ボランティア活動に参加いただきありがとうございます。
今シーズンは大雪はまだないですが、出動されているかたも多くいらっしゃるとおもいます。

北海道新聞朝刊(平成27年1月8日付)でおもしろい記事がありましたので紹介いたします。
タイトルは「除雪のコツ」教えます066.gif

活動の参考にしていただければ幸いです。

また、活動内容の写真やエピソードなどお待ちしておりますのでよろしくお願いします。


YK
[PR]
by muroran-shakyo | 2015-01-08 11:27 | ボランティア
いよいよ最後、⑩回目は「点訳体験」045.gif
今日は7名の参加でした!

点字を見て、触れてみることから始めました006.gif

普段私たちが暮らしていく中で、さまざまな情報を入手するためには、
テレビ、インターネット、本、新聞など…いつもに頼っています017.gif

目が不自由な方にとっては、点字こそが、大事な手段となります012.gif

f0227765_17224529.jpg












点字はもともと軍隊で、夜間に任務をこなすために生まれました030.gif
その後、盲学校へ持ち込まれ、改良されていきました016.gif

当時、目が不自由な方たちは、読み書きができるようになり、
とても喜んだそうです058.gif



点字は、6つの点を組み合わせて、できています029.gif
専用の器具を使って、自分の名前をシールに打ってみました056.gif
f0227765_17224538.jpg














凹凸をつけていくので、間違えないように気をつけながら行います072.gif

出来上がった点字シールは、クリアファイルに貼って完成!!
名前入りの、オリジナルのファイルが出来ました053.gif


今年の講座は、これで終了です058.gif

参加してくれた皆さん講師の皆さん
お手伝いいただいた室蘭市ボランティア・アドバイザーの会の皆さん、
本当にありがとうございました!!017.gif

今回で、新しい発見、つながり、ボランティアをはじめるきっかけなど
少しでも生まれれば、嬉しく思います071.gif060.gif

(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-08 17:53 | ボランティア
⑨回目は「施設バス見学」016.gif
今日は24名もの方が来てくれました!
大型バスに乗って出発070.gif

まず、ぷらっとてついち内の子育て支援施設、ワニワニクラブの仲間達の会へおじゃましました!

子育て中の方たちが気軽に集えるようにと、約10年前に開かれました017.gif
たくさんのママと子どもたちが、広い部屋でお話ししたり、おもちゃで遊んでいます012.gif

f0227765_09465946.jpg














代表の吉田 淑恵さんは、子育ての仕事に長く携わっており、
アットホームな明るい雰囲気が印象的で、大人数にも関わらず、歓迎してくれました053.gif

地域に不可欠な存在として、また世代間の地域交流のモデルケースと言われ、
見学者もたくさん訪れています023.gif



お次は、就労支援施設「ワークセンター岬」へ到着!

ここでは、在宅の知的障がい者の方に、働く場の提供とと生活支援などを行っています035.gif
椎茸栽培、お菓子作り、ドリームベーカリー(輪西)でのパン販売もしていま~す037.gif

f0227765_10443305.jpg












現在30名以上の方が、一般就労を目指して、
社会適応性・働くことの喜びを育むため、朝9時から作業をします056.gif

自主作業のほか、請負作業、独自の行事などを、優しい雰囲気のなか行っています017.gif




最後は、地域密着型特別養護老人ホーム「舟見の杜 2014」へ行きました029.gif
今年5月、舟見町にオープンし、海やMランドの良い眺めも見られます023.gif
f0227765_09465959.jpg














みたらの杜などで知られる、幸清会が運営する地域密着型施設(定員29名)として、
市内の方が多数入居中です016.gif

今後、コミュニティカフェも開設、入居者の方、ご家族、地域の住民など
みなさんが集まれる場所として、ますます開かれていく予定です056.gif


今日は、普段なかなか見られない、さまざま体験ができました017.gif


みなさん、お疲れ様でした006.gif
明日はついに最後、点訳体験講座です058.gif

(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-07 17:30 | ボランティア
⑧回目は「布本製作体験」056.gif

今までで最大の、18名の方が来てくれました!

講師は、室蘭ふきのとう文庫、細野 幸子さん、伊勢崎 タカ子さん、土屋 久美子さんです058.gif

今日挑戦する、布本とは、肢体不自由な方や、お子さんのための、触れて遊べる布製の絵本です023.gif

f0227765_16545553.jpg














触って動かしたり、ひっぱったり… いろいろなアイディアから生まれています035.gif


今日は気軽に出来る、フェルトの磁石マスコットづくりに挑戦058.gif

f0227765_16545583.jpg


















あらかじめ切ってあるフェルトに、綿と磁石を詰めます018.gif
おしゃべりしたり、教えあったり、終始にぎやかに進んでいました016.gif


f0227765_16545566.jpg














普段、なかなか針を持つことがない…という方も多かったですが、
約1時間半後には、それぞれの味がある作品が出来上がりました017.gif

参加したみなさんからは、
夏休みの課題にしたり、
「とても楽しかった003.gif
「もっと布本を見てみたい018.gif
などの声が上がりました037.gif!!

布本は、市立図書館および各分室、障害者者福祉総合センター(ぴあ216)にて見ることができ、希望者には貸出し(ぴあ216のみ)もしています016.gif
子どもたちも大喜びの布本、ぜひ見てみませんか043.gif



明日は、施設バス見学です!
市内の福祉施設を三か所、見学します006.gif

(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-06 17:12 | ボランティア

⑦回目は「朗読体験講座」023.gif
雨の中、11名が来てくれました!

講師は、室蘭朗読奉仕者の会、高橋 本子さん、高倉 智恵子さん、大鎌 佳奈美さん、杉山 純子さんです019.gif

朗読とは??
視力障害者のために、本や広報誌、新聞などを朗読し、テープに吹き込みます017.gif
ただ読むだけではなく、強弱・抑揚も非常に大事です034.gif
f0227765_17223363.jpg













見本のテープを聞いて、イメージをつかんだら…
童話「ごんぎつね」「雪女」などの朗読に挑戦!!
実際にマイクに向けて、読んでみます029.gif

f0227765_17223336.jpg













終了後には一人ずつ、講師の高橋さんからアドバイスがありました012.gif
朗読歴10年以上のベテランです017.gif

自分で読むことと、朗読は全く違います

自分だけなら…読めない漢字も、前後の流れで意味が分かりますし、
会話は「区切られている」ので理解できます017.gif

朗読は…読めない字は事前に調べたり
会話は、間の取り方で表現します045.gif
登場人物になりきり、語尾の上げ下げ、速さなどで感情を表現します★

ちなみに、文庫本1冊分の朗読テープ(約6本分)を作るのに、およそ1ヶ月ほどかかるそうです056.gif

みなさん、お疲れ様でした016.gif
明日は布本製作講座です!

(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-05 17:41 | ボランティア

⑥回目は、障害者福祉総合センター(ぴあ216)での「レクリエーションボッチャ体験」です017.gif
参加者は10名でした!

講師は、室蘭障害者スポーツ協会、菅原 美智子さんです037.gif

皆さんは、ボッチャを知っていますか?
主に障害者、脳性麻痺などの方のため考えられた、障害者スポーツです016.gif
パラリンピックの公式種目でもあり、世界40カ国以上で普及しています!
ボッチャとはイタリア語で「ボール」を指します
017.gif

的球に向かって自分の持ち球を投げ、より近い方が勝ちです!
まず、球を実際に触ってみました。
赤・青・白(的球)の三色、皮製で、見た目より重い感じです037.gif
f0227765_12543349.jpg













実際に投げてみました!
転がした球が、コートから出るとアウト!
微妙な力加減も必要で、なかなか的球に近づけません005.gif

f0227765_12543305.jpg












あえて相手の球に当てたり、的球に当てて逆転を狙ったりすることで、
作戦次第で、一発逆転も狙えます079.gif
ちなみに、身体が不自由な方は、補助具を使います038.gif


1対1で勝負!
自然と、声援や拍手があがり、盛り上がっていました041.gif
f0227765_12543399.jpg










障害があっても、
高齢者や子どもでも、
平等に楽しめる
スポーツです016.gif
また、体を動かすことでとても早く打ち解けあえ、
楽しい時間を過ごすことができました053.gif

ボッチャの道具は、障害者福祉総合センター(ぴあ216)にて貸出しています071.gif
ぜひ一度、挑戦してみてはどうでしょうか!?

明日は「朗読体験講座」です(^O^)

(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-05 14:12 | ボランティア

ボランティア講座④・⑤回目は、万一の際に役立つ知識を習得しました!

まず、4日目の「災害時高齢者生活支援講座」です016.gif
12名の方が来てくれました!

講師は、伊達赤十字病院 看護師、加藤 美和さん・森 香さんです012.gif

近年続く大きな災害…そんな時高齢者は、特に心身への影響が大きく
避難先などの環境に、適応出来ないことが多いと言われています025.gif
そんな時、手軽に出来る
リラックス法や、接する時の心構えを学びました017.gif

f0227765_15420609.jpg














肩や背中に優しく触れ、語りかけることで、不安や疲労からくる
ストレスの緩和に効果があります011.gif


f0227765_15420686.jpg





















お次は、手軽な防寒対策として
毛布でガウンを作ります045.gif
この巻き方は、コートを着ているように暖かい上、トイレにも行きやすいのです030.gif
最後に、一人ずつ「赤十字健康生活支援講習短期講習 受講証が手渡されました071.gif



そして5日目の「救急法体験講座」!!
万一の際の心肺蘇生法・AEDの使い方を学習しました017.gif
実際に倒れている人を見つけたとき、何が出来るでしょうか?
f0227765_15420629.jpg











生存率は1分につき7~10%低下すると言われています008.gif
まずは大声で助けを呼び、救急車を呼んでもらい、AEDを持ってきてもらいます066.gif
その間に出来る処置として、心肺蘇生法に挑戦!!
f0227765_15420684.jpg















心臓マッサージは、かなりの力を込めて行います006.gif
いざという時に、素早く対処することが重要なんですね012.gif
講座を終えた証に、一人ずつ「赤十字救急法短期講習 受講証」が手渡されました053.gif

万一の際の知識や技術があれば、より多くの人を助けることができます056.gif
いざという時に活かしていきたいですね058.gif

お次は「レクリエーションボッチャ体験」です★

(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-04 14:38 | ボランティア
③日目は「要約筆記体験」018.gif
6名の参加がありました!

講師は、パソコンボランティアプラザ室蘭より西野 美樹子さん、榎本吉幸・あつ子さん、工藤 惠美子さん、三浦 美代子さんです019.gif

要約筆記
とは…
主に聴力障がい者のために、講演会などで話された内容を
その場で要約し、文字であらわすことです016.gif

f0227765_14503956.jpg












講師の西野さんの話す言葉が、字幕のように、次々と映し出されていきます004.gif
しかし、会話をそのまま入力するのではなく、適度に「要約」しています030.gif


今日は、手書きで要約に挑戦!
会話だと、そんなに気になりませんが…文章にすると意外と長いです013.gif

西野さんが赤線を引いたところは、省略可能な部分です037.gif

f0227765_14503926.jpg
















要約筆記は、知的障がいなどの方へかみくだいて伝える役目もあります019.gif
障がいを持つ方へ、情報を伝える大事な手段なんですね
045.gif

参加者のみなさんからは、
「意外と難しかった028.gif
「要約筆記を初めて知った012.gif
などの感想がありました★

みなさん、お疲れ様でした056.gif

お次は、災害時高齢者生活支援講座です060.gif

(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2014-08-01 11:14 | ボランティア
②回目は、「視力障害者ガイドヘルパー体験」です017.gif
参加者は9名でした!

講師は室蘭視力障害者ガイドヘルパーの会、小林 與志美 会長ほか8名です037.gif

目が見えなくなると、どうなるのでしょう??
方向感覚、平衡感覚なども、失うと言われています007.gif

f0227765_14502817.jpg











アイマスクをして、実際に歩いてみると、
思った以上に不安になります…
ガイド役の人とペアになり、階段を降り、外に出てみました043.gif

f0227765_14502869.jpg




















ただ腕を貸すだけではなく、足元の段差や、地面の様子なども
伝えながら進みます030.gif

なお、この日は快晴058.gif気温は27℃でした!

f0227765_14502821.jpg















社会福祉協議会のまわりを半周してきました053.gif

初挑戦の方が多いなか、みなさん息がぴったりで大成功!!
お疲れ様でした035.gif
お次は「要約筆記体験」です(^O^)

(かめ子)
[PR]
by muroran-shakyo | 2014-07-29 14:47 | ボランティア