室蘭社協からの情報発信


by muroranshakyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ボランティア( 111 )

はつらつ福祉 ボランティア講座、
とうとう最終日の10日目、点訳体験講座です!

今日はいきなり涼しくなり、24℃016.gif
6名の方が参加してくれました!

講師は、
室蘭市点訳赤十字奉仕団
委員長の對馬 克子さん、弘瀬 瑠美子さん、斉藤 千賀子さんです035.gif

点訳とは…
視力障害者のため、依頼のあった本・広報誌などを、
点字に直すこと
言います。
紙に凹凸ができるため、点字の図書はもともとの本より
とても厚さができます。


今日は、点字のしくみを学び、実際に打ってみました056.gif


f0227765_17310819.jpg

点字は、6つの点だけで文字を表します。
なんと、日本語だけでなく、英語や数字なども表せます!

普段私たちが使っている言葉は、ひらがな・漢字・カタカナが混じっていますが、
点字では、すべてひらがなで示します。
そのため、点字独自のルールで文章を区切ることも必要です。


では、点字器具を使って、実際に打ってみましょう!


f0227765_17311227.jpg

一つでも間違うと、全く違う意味になってしまうので、
慎重に打っていきます。
実際の点字図書は、何度もチェックを重ねてから
完成します。

ふだん、私たちが目にする様々なものにも、点字がついています。
たとえば、お酒の缶の飲み口には点字で「おさけ」と書いてあります。
間違って飲んでしまうと大変なので、分かるようにしてあるんですね030.gif


これで、10日間のボランティア講座はすべて終了です037.gif
講座を通して、新しい発見や、仲間ができたり、
ボランティア団体に興味を持ってくれた方
がいれば、
とても嬉しく思います071.gif

受講してくれた皆さん、
ボランティアで協力してくれた講師のみなさん、
講座の運営とお手伝いを引き受けてくれた
室蘭市ボランティア・アドバイザーの会のみなさん、
どうもありがとうございました003.gif


(かめ子)



[PR]
by muroran-shakyo | 2015-08-07 17:49 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、
9日目、施設バス見学です!
今日の気温も30℃の中、18名の方が参加してくれました004.gif

大型バスに乗り込み、最初の見学先、
室蘭市立みなと小学校へ!
今年4月に、武揚小・桜が丘小・絵鞆小が統合し、開校したばかりです!
旧・港南中学校跡地にあります。

f0227765_17022284.jpg
災害時の避難場所にも指定されており、
太陽光発電システムも備えた、新築の校舎です012.gif
教室には教壇がなく、黒板が上下に調節できるようになってました005.gif




次に、NPO法人 蒼空が運営する障がい者就労継続支援施設
わく・WORK・ランタナへ!

ここでは、社会生活への意欲をはぐくみ、地域住民の理解をはかるため、
障がいを持つ人たちの就労支援を行っています066.gif

市内パン屋さんの外販業務、シフォンケーキや犬用クッキーの生産・販売、
そのほか、企業の下請け作業も請け負っています。
こちらは、保冷剤の箱詰めをしているところです。

f0227765_17022040.jpg
たくさんの方が、一生懸命仕事に汗を流していました029.gif


最後に、社会福祉法人 上寿の会
ケアハウス オパール八丁平へ!

室蘭養護学校・室蘭大谷高校のすぐ近くに、
去年8月にオープンしたばかりの高齢者施設です。
緑に囲まれた、静かな環境が魅力です056.gif

f0227765_17022432.jpg
開放的で明るい雰囲気の中、ゆったりと過ごすことができます。
各個室には、トイレ・洗面所が完備019.gif

独立して暮らすのが不安で、家族による援助が難しい
60歳以上の方が、入居の対象です。


普段、なかなか見る機会のない施設を見て…受講者からは、
「明るく開放的で、学校のイメージがかわりました」
「障がい者の方の、頑張りをもっと応援したくなった」
「ケアハウスは、ホールやお風呂も広く、明るく素敵な雰囲気だった」
「ボランティアとして、協力できることを探したい」
などの声があがっていました016.gif

明日はついに最終日、「点訳体験講座」です!

(かめ子)







[PR]
by muroran-shakyo | 2015-08-06 17:20 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、
8日目、布本体験講座です!

今日の気温は何と、30℃042.gif
暑~い中、10名の方が参加してくれました!

講師は、
室蘭ふきのとう文庫
細野 幸子さん、金丸 悦子さん、伊勢崎 タカ子さんです019.gif

布本とは…
心身に障がいのある人、子どもたちのために作られた、
触って楽しめる布製の絵本
言います。
主にフェルトで作られており、引っ張ったり動かしたり、
子どもたちが喜ぶ仕掛けがいっぱい!

今日は、フェルトでアンパンマンの磁石付きマスコットを作ります。

f0227765_14535707.jpg












楽しくおしゃべりもしながら、作っていきます。

今日は、今まで作ったたくさんの布本の展示も行いました。
ふきのとう文庫では、これらの布本を手作りし、貸出しを行っています。
室蘭市内の図書館でも、見ることができますよ016.gif





f0227765_14540085.jpg














手で触れながら遊べるので、心身障害者や子どもたちの
指先や思考の訓練に効果があると
言われています。


最後に、室蘭ふきのとう文庫からのお知らせです!

平成27年9月30日より、活動場所が変わります。
室蘭市障害者福祉総合センター(ぴあ216)から、
子ども発達支援センター あいくる(旧:朝陽小)へ移動します。

移転準備のため、布本の貸出しは7月30日より一旦中止しますので、
よろしくお願いいたします!

明日は「施設バス見学」です!

(かめ子)






[PR]
by muroran-shakyo | 2015-08-05 15:03 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、
7日目、音声パソコン体験です!
8名の方が参加してくれました!

講師は、
パソコンボランティアプラザ室蘭
榎本 吉幸さん、西野 美樹子さん、工藤 惠美子さんです016.gif

音声パソコンとは??
視力障害者のため、画面を音声で読み上げるソフトのことです。
では、どのように操作するのでしょうか?

f0227765_16162063.jpg


今日使ったのは、PC-Talker(ピーシートーカー)というソフトです。
榎本さんが、お手本を見せてくれました。


女性の声で、画面の様子を読み上げていきます!
見慣れないソフトに、驚く方もいます。

f0227765_16162512.jpg

もともとパソコンには、ショートカットという機能があり、
特定のキーの組み合わせで、いろいろな操作ができます。

このソフトは、ショートカットで指示を出すことが多く、
文字以外のキーも使います。
初挑戦の皆さんからは「声に慣れなくて、難しい~!」の声も025.gif

画面を見ながらであれば、難なく出来る操作でも、
視力障害者の方は、耳で聞いて判断しています。
音声読み上げソフトは、パソコン操作の心強い味方です058.gif

自分でパソコン操作ができるようになれば、
いろいろな情報を得ることができ、楽しみも増えていきます。
今日は、障害者のパソコン利用について、学習できました!

明日は「布本製作体験」です!

(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2015-08-04 17:32 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、
5日目は救急法体験です!8名の方が参加してくれました!

講師は、室蘭市地区救急法赤十字奉仕団
佐藤 公泰さん、川村 弘文さんです016.gif

赤十字奉仕団とは…
災害救援活動などを行う民間団体「日本赤十字社」を支える、ボランティアの皆さんです。
ここ室蘭市地区では、救急法・地域・点訳・無線・スキーパトロール・水上安全の各奉仕団が活躍中です。



もし、倒れている人を見つけたら、どうしたら良いのでしょうか?

まずは大声で人を呼び、救急車を呼んでもらうこと
さらにAEDを持ってきてもらいます

その間の応急処置として、心肺蘇生法を行います。
今日は、まず人形に人工呼吸を施しました。
かなり吹き込まないと効果がないので、結構大変です。。。

ようやく、AEDが到着しました!

f0227765_17340467.jpg

さっそくAEDを装着して、体にショックを与えます。
その後、救急車にバトンタッチして、応急処置はおしまいです。

わずか1分でも、生存率は約1割ずつ下がっていくので、素早い行動がとても大事!

救急車が到着するまで、どうしても数分はかかります。
その間の判断で、助かる命があるかもしれません。
いざという時に、生かしたい知識を学べました016.gif




翌週、8月3日は「朗読体験講座」です!

この「朗読」とは、視力障がい者のために、
本や広報誌などを読み上げ、テープなどに吹き込むことです。

講師は、室蘭朗読奉仕者の会、
会長の高橋 本子さん、高倉 智恵子さん、荒井 光子さん
です。

今日は実際に文章を読み上げ、テープに録音してみました!
うまくいくでしょうか…?

f0227765_17340722.jpg
自分ひとりで読む「黙読」と「朗読」は全く違います!

まず、抑揚・強弱が非常に大事であること。

また、文字を見ながらであれば「」(かっこ)でわかる会話文ですが、
これは間を開けることで表現します。

これらのアドバイスをもとに、朗読してみました。
「初めてとは思えないほど、みなさん上手です!」と、高橋さん006.gif

なお、室蘭朗読奉仕者の会で作成したテープは、
視力障がい者へ貸出しをしています!
詳しくは、室蘭視力障害者友の会(電話:0143-47-4747)まで
お問合せくださいね056.gif


皆さん、お疲れ様でした!

次回、8月4日は「音声パソコン体験」です!

(かめ子)
[PR]
by muroran-shakyo | 2015-08-04 15:52 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座、4日目は、

災害時高齢者生活支援体験講座
今日は20名の方が参加してくれました058.gif

講師は、伊達赤十字病院 看護師
徳永 加奈子さん、那須 睦子さんです060.gif

災害時において、高齢者は環境の変化に適応しづらく、
避難所で体調を悪化させたり、ストレスをためてしまい
身体機能が低下するケースが多いと言われています022.gif

その結果、便秘・食欲不振・心肺機能の低下などの不調を起こします。
これらの症状は生活不活発病と呼ばれます。

被災した高齢者自身だけでなく、その家族、ボランティアが
適切なケア方法を知っていれば、効果的に予防することができます。

災害が高齢者へ及ぼす影響についてのお話しの後は、
実践として…


わずかコップ半分のお湯と、ビニール袋で出来る、
ホットタオルの作り方を学びました!


f0227765_16541773.jpg
思った以上に熱くて、びっくり!
これなら、お風呂に入れない時でも、体を清潔に保つことができ、
ストレスの軽減につながります003.gif


お次は、毛布とひも、1組で出来る防寒対策について。
f0227765_16541996.jpg
災害時は、防寒具が十分に用意できず、体調を崩すことが予想されます。
この方法だと、トイレにも行きやすく、手軽に体を温められます016.gif



この他にも、
肩と腕をマッサージするリラクゼーションの方法、
風呂敷2枚でリュックを作る方法、
新聞紙でゴミ箱を作る方法など…


また、歌に合わせて体を動かす実践では、
気分は沈みがちな時こそ、体を動かすことに意味がある、と学びました。
元気を取り戻すために、理由をつけて体を動かす意味合いがあります。

災害時以外にも、役に立つ情報が盛りだくさんでした017.gif


今日得られた知識を、万一の時に役立てたり、
より多くの方に伝える
ことで、
生活不活発病を防いでいきたいですね006.gif

次回、8月1日は「救急法体験講座」です!

(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2015-07-31 17:16 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座の3日目は、

視覚障がい者ガイドヘルパー体験講座
今日は20名の皆さんが参加してくれました019.gif

講師は、室蘭市視力障害者ガイドヘルパーの会 
会長の小林 與志美さん、
住友 千鶴子さん、今野 貴三男さん、
川俣 セイ子さん、江口 キヨノさん、
小泉 一さん、山本 ツル子さん、
成田 洋子さんです016.gif

普段、私たちの日常生活において、視覚は非常に大きな役割を果たしています。
実際にアイマスクを装着し、目が見えない状態を体験してみましょう018.gif

f0227765_13580672.jpg
平衡感覚、方向感覚、空間認識などができなくなります。
普段何気なく行っている行動が、とても難しく感じられます。

次に、視力障がい者役と、ガイド役に分かれて歩いてみました016.gif
ただ手を添えて歩くだけではなく、
「段差があります」
「坂道です」などの情報を伝えながら進みます。
道の様子が変わっても、驚かせないように気を付けているんですね。

また、道端の花や風景などを伝え、楽しくおしゃべりしながら歩くことも楽しみの一つです056.gif

階段の昇り降りにも挑戦しました!
目が見えない状態では、とっても怖いですが、
ガイドヘルパーを信頼して、一歩ずつ歩いてみます。

ガイドヘルパー側として、気を付けることは…
視力障がい者の意思を尊重し、自分で判断して行動しないこと、
また、相手のペースに合わせて行動すること
が求められます035.gif

皆さん、お疲れ様でした!

次回、7月31日は「災害時高齢者生活支援講座」です!

(かめ子)


[PR]
by muroran-shakyo | 2015-07-30 14:49 | ボランティア
はつらつ福祉 ボランティア講座の2日目は、

盲導犬体験講座
今日は19名の皆さんが参加してくれました019.gif

講師は、北海道盲導犬協会の西川 依子さんと、岡 春香さん、
盲導犬のゆずちゃん(女の子)です016.gif

視力障がい者にとって、外出時の大切なパートナーとなるのが、盲導犬です058.gif

自分の行きたいときに、介助の方を必要とせずに外出するために
大事な役割を果たしてくれます。
ハーネスという、特殊な器具を肩にはめているのが特徴です。
電車や各施設など、たくさんの人が利用する場所では、盲導犬の受入を
行うことが義務と法律で決まっています。

厳しい訓練を乗り越え、適性を持った犬だけが、盲導犬になれます。
適性とは… 優しくおだやかな性格、人間が大好き、むやみに吠えないなど
様々なことが求められます018.gif

f0227765_17130138.jpg
基本的には、ご主人となる視力障がい者の方の指示に従いますが、
「すすめ」の指示があっても、車が来ていたりなど
盲導犬が危険だと判断した場合は、言うことを聞きません005.gif
自分で、安全を判断する訓練を受けているんです!

f0227765_17125554.jpg
ご主人の用事が終わるまで、おとなしく待っていられます!


最後に、街中で、盲導犬を見かけた際の注意点を紹介します。
①ハーネスには触らないこと
視力障がい者は、手に伝わるハーネスの感触で、盲導犬の向きを判断するので
触れないでくださいね!
②盲導犬に触ったり、食べ物をあげたりしない
介助中の盲導犬は、お仕事中ですので、気が散ってしまいます。
優しく見守ってください。
③視力障がい者の方が困っている時は、ぜひ声をかけてください
盲導犬に直接ではなく、視力障がい者の方に話しかけてほしいです。

実際に近くでゆずちゃんが見られたこともあり、
盲導犬への理解を深めることができました056.gif

みなさん、お疲れ様でした。
明日は「視覚障がい者ガイドヘルパー体験」です!


[PR]
by muroran-shakyo | 2015-07-28 17:50 | ボランティア

早いもので、社協が移転して、1年がたちました012.gif

今日から、はつらつ福祉 ボランティア講座がはじまります!

毎年夏に、福祉に関わるボランティアの体験講座(全10回)を開いています。
初日は、手話体験講座
暑いなか、12名の皆さんが参加してくれました019.gif

講師は、室蘭市ろうあ者生活相談員の宮武 美登里さん、
手話通訳者の須田 暁子さん・千葉 ひと美さんです!

宮武さんは、自らの体験も交えて、聴力障がい者についてお話ししてくれました。


f0227765_17182927.jpg

聴力障がい者のコミュニケ―ションの手段として、手話はとても重要です。
難しいイメージがありますが「ぜひ、一つでも覚えてみて」と宮武さん。
手話だけでなく、筆談や、口の動きなどでも意志の疎通を行いますが、
やはり手話で話ができることは、とても喜ばれます。


f0227765_18485048.jpg


最後は、何を示す手話なのかを、皆で当てっこしました016.gif
目の周りを丸く囲って…「パンダ」
手で形を作って…「カメ」
口から種を飛ばす動作で…「スイカ」などなど、
おもしろい手話がたくさん!

最後は、覚えたての手話で「ありがとう」058.gif

ボランティア講座は、まだまだ受講者募集中です!
今年のスケジュールは、こちら↓↓

f0227765_18533895.jpg
申込み・問合せは、室蘭市社会福祉協議会(担当:工藤)まで!
住所:東町2丁目3-3 ハートセンタービル 電話:83-5031
お待ちしてま~す


室蘭市内では、聴覚障がい者の団体、手話サークルなどもあり、
今月末、視力障がい者の方が参加している人形劇団の公演があります。
興味のある方はぜひどうぞ!
f0227765_18593878.jpg

(かめ子)



[PR]
by muroran-shakyo | 2015-07-27 19:03 | ボランティア
2月7日(土)
損害保険ジャパン日本興亜南北海道支店室蘭支社、
自動車整備工場組織”AIRオートクラブ室蘭エリア”、
損保ジャパン日本興亜代理店組織”J-SA中核会室蘭分会”
上記3団体のみなさんが、室蘭社協の車いすの整備・清掃を行ってくれました。
この日は、貸出中の62台を除く、35台の車いすを整備・清掃していただきました。

室蘭社協では、ケガや旅行など一時的に車いすが必要になった市民の方に、
無料で貸出しています。
そんな日々いろんな方を助けている車いすを、
毎年この時期、損保ジャパン日本興亜のみなさんたちが、整備・清掃してくれます。
f0227765_12575649.jpg

一台一台丁寧に整備・清掃をしていただき、どの車いすも見違えるほどきれいになりました。
f0227765_12580530.jpg

仕上はこのステッカーです。これでまた安心して貸出しができます。
f0227765_12581305.jpg

最後に参加いただいたボランティアのみなさんです。
本当にありがとうございました。
f0227765_12582046.jpg
K-38

[PR]
by muroran-shakyo | 2015-02-10 12:28 | ボランティア