室蘭社協からの情報発信


by muroranshakyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第59回 室蘭市社会福祉大会 無事終了しました(^^♪

8月24日(木)みなさんのご協力をいただき、
第59回 室蘭市社会福祉大会が無事終了しました!
ありがとうございました。

室蘭の福祉の向上・発展に尽力された民生委員児童委員、ボランティア活動者、
社会福祉施設・団体従事者
などのみなさんに感謝の意を表す式典として行いました。
この大会は昭和34年から毎年開催し今年で59回目となりました。

今年は、市長表彰 33名、市長感謝状 7名、社会福祉協議会会長表彰 35名、共同募金委員会会長表彰 8名、計 83名の方々が表彰されました。

f0227765_15014429.jpg


















表彰式終了後は、お二人の方にご講演いただきました。
はじめに、NPO法人 MAMIE(マミー)代表 安藤 美紀さん
「聴導犬レオンがつなげてくれた家族の絆」と題しご講演いただきました。
聴導犬は、聴覚障がい者に必要な音を聞き分け伝え、生活を支えます。
そしていつもそばにいて、聴覚障がい者に安心感を与える役目も果たしているそうです。

安藤さんは、ご自身の体験をユーモアと感動を交えお話くださり、聴導犬をはじめとする補助犬について理解を深めるよい機会となりました。また講演の最後には、手話シンガーとして活躍している息子の安藤一也さんの「補助犬の歌」も披露され、あっという間の45分間でした。
大会終了後には、記念写真を撮影される方もいました101.png

f0227765_09074243.jpg


















≪中央手前:安藤美紀さん、同じく奥:息子の一也さん≫

続いては、ケアレクリエーション倶楽部 代表 南部 広司さんに
「心が動けば身体も動く!サロンを楽しもう!」と題しご講演いただきました。

南部さんの講演は参加型。冒頭から脳トレゲームや左右別々の動きをする手の体操など、なかなか思うようにできない会場からは自然と笑い声があがり、だんだんと南部さんの世界に引きこまれて行きました。
脳トレゲームや手の体操をすることで、気持ちがほぐれ積極的な意識を引き出すのが
南部さんの狙いでした。"させられている"感覚から、
自発的に"考え"、"やってみる"という感覚に、いかに変化させるかが、
サロンのポイントと話されていました。
f0227765_17112676.jpg






















また2階休憩コーナーでは、福祉団体のみなさんの模擬店を設けました。
今年も多くの方が、手作りのパンやお菓子、手工芸品などを買い求められ
楽しい時間を過ごしていたようです110.png

f0227765_09141290.jpg









(かめ子)

[PR]
by muroran-shakyo | 2017-08-28 09:12 | 社協のコト